寿命アイコン よくあるご質問

お客様からのよくあるご質問例になります。ご購入の際の参考にしていただけますと幸いです。


ディスポーザーって何?
キッチンの排水口に取り付け、生ゴミを粉々に粉砕処理する電化製品です。粉砕処理された生ゴミは水とともに下水や浄化槽に流され、水洗トイレから流された屎尿とともに最終処理されます。 米国では70年の歴史があり、水洗トイレと同様、環境衛生機器として一般的に普及しています。詳しくは 【ディスポーザーとは】をご覧ください。
配管には詰らないの?
通常の規格をクリアしているディスポーザーでしたら、排水性能が規格により保証されています。 ディスポーザーは水洗トイレと同じように排水配管に合わせて設計されている為、日本の建築基準法に準ずる設計施工がされていれば問題ありません。
ディスポーザー既設住宅で排水配管が頻繁に詰る場合は、ディスポーザーのメンテナンス前に一度、配管の高圧洗浄を実施してください。 特に毎回、同じ箇所で詰りが発生する場合は、施工不良が考えられます。この場合は設置前にご相談ください。
並行輸入品を使用しても大丈夫?
並行輸入品の使用は電圧、周波数の違いから正規のスペックが獲得できず排水管の詰まりの原因になるだけでなく火災など重大事故につながる恐れもあるとメーカーは警告しています。 ディスポーザー.comでは並行輸入品は一切お取り扱いしておりませんので、ご安心ください。

なぜ日本で普及していなかった?
日本の下水道の普及率は、ようやく70%程度になりました。下水道が通っていない単独浄化槽(トイレだけ浄化槽につながっている)では、ディスポーザーの排水が垂れ流しになってしまいます。 行政機関としては、下水道の有無によって個別に対応することは、同じ税金を徴収している以上できません。その背景に伴う「使用の自粛」が、普及スピードにブレーキをかけています。 自粛等が気になる方には、費用はかかってしまいますが、ディスポーザーに専用処理槽を組み合わせた「ディスポーザ排水処理システム」を推奨いたします。 お電話、もしくは【お問い合わせ・ご相談フォーム】よりお問い合わせください。
環境には影響ないの?
水洗トイレと同じように処理される為、問題ありません。
海外ではライフ・サイクル・アセスメントという考え方が主流で、物が生まれてからゴミとなって消えてゆくまでに、最も環境に負荷をかけない為にはどうすればいいか?という考えの下に環境政策をとっていきます。 部分的な処理に視点をあわせるのではなく、全体像で一番有効な生ゴミ処理の仕方を探しますとディスポーザーに行き着きます。ニューヨーク市でもディスポーザーの導入後、ニューヨーク周辺海域の水質が改善されたとHPで報告されました。
乾燥式生ゴミ処理機との違いは?
乾燥式の生ゴミ処理機は機械にバイオ菌を投入したり生ゴミを三角コーナー等から移動させないといけません。また部屋の中に多少の臭気が出る商品もよくあります。ランニングコストもディスポーザーに比べて5~10倍程度かかると言われています。
ディスポーザーは排水溝から生ゴミを出たその場で処理しますので、他の乾燥式の生ゴミ処理機に比べて、生ゴミの移動やメンテナンス、菌の投入などの手間がなく、メンテナンスフリーでキッチンを清潔に保つことができます。
使用時に大きな音は出る?
商品や使用環境により違います。約60~80デシベルの間です。60デシベルですと、ほとんど水の音に消されます。パワーが上がると音量も多少大きくなりますが、粉砕時間は短くなります。 なお、パワーがあってもサイレンサーが付いているタイプは比較的静かです。また、音を静かにする代わりにパワーを落とし、粉砕力が低下している製品もあります。 ディスポーザー.comでは、お住まいの環境や用途に適した製品をご紹介いたします。 お電話、もしくは【お問い合わせ・ご相談フォーム】よりお問い合わせください。
どんな生ゴミでも処理できる?
製品により違いますが、基本的にどのディスポーザーも枝豆などの繊維質の極端に強い生ゴミ、大きな貝殻は処理不可です。 また、他社で販売されている製品の中には、卵の殻や鳥の骨などが処理できないモデルもございますので、ご使用の際はご注意ください。 詳細は製品紹介「処理できるもの・処理できないもの」をご確認ください。
何年ぐらい利用できる?
耐久性は処理室内部の防腐加工処理、成型方法や組立工程、またお客様の使用環境により大きく差が出ますので一概には言えませんが、 おおよその耐用年数は7~10年ほどと言われています。
漂白剤などを流したままにすると、ディスポーザーとキッチンの耐久性に影響が出る可能性が高いです。ご注意ください。
お問い合わせ総合受付


トップ