ディスポーザーBIOクリーナー原液濃縮タイプ5L

¥ 13,824 税込

数量

寝る前にディスポーザーBIOクリーナー150MLを5Lの水に薄めて排水口から流してください。
ディスポーザー、排水配管、浄化槽の悪臭やスライムを除去します。悪臭対策の初めは毎日行ってください。
2週間程度で効果が出てきたら、メンテナンス維持は2~3週間に1度でOKです。
またスプレー容器に薄めてお風呂や洗面所、ゴミ箱やトイレなどあらゆる悪臭対策にもご利用いただけます。
自然界の菌を用いてますので、施設にダメージを与えず、長期間安心して使用できるのがうれしいかしこいクリーナーです。

*希釈用原液5L入ボトル(約33倍に薄めます)

ディスポーザーBIOクリーナーの特徴

ディスポーザーBIOクリーナーは生ゴミ処理機、排水配管、処理槽の悪臭対策やスライム除去、清掃に効果を発揮する環境浄化剤です。
使用されている微生物は一般に枯草菌として分類、自然界に存在する微生物の中でも特に油脂分解力に優れ、かつ安全なものとして選出された微生物です。
化学薬品を使用したり圧力を加えて洗浄する方式に比べて設備にダメージを与えることなく、自然界の法則を用いたBIOクリーナーなので低コストで一度効果を発揮すると維持が容易になります。
従いましてこのディスポーザーBIOクリーナーは、ディスポーザーのみならずビルピット、一般の排水配管や浄化槽、生ゴミや施設、厨房のグリーストラップ、家庭内の浴室やキッチン周り、ゴミ箱、トイレなどのあらゆる悪臭発生源の対策に非常に有効で業務用としてもお得です。

※ご注意ください※
(PH5.5~8.5、温度25~45℃の範囲で最も効果を発揮します)
劇薬は使用せず自然界の菌を用いているために冬季など気温が低く使用条件が会わないと、菌が安定せず効果がでにくくなります。

人および環境への安全性

ディスポーザーBIOクリーナーは以下の項目について、いずれも問題なく安全であることが確認されています。

●急性毒性試験
●病原性試験
●急性皮膚および急性眼刺激性試験
●ヒメダカによる急性毒性試験
●ミジンコによる急性遊泳阻害試験
●生分解性試験 etc.

ディスポーザーのみならず、あらゆる場面でご利用いただけます!

ディスポーザーBIOクリーナーはディスポーザーの悪臭対策、メンテナンス維持のみならずその特性から、あらゆる場面でご利用できます。

■ディスポーザー及び排水配管、浄化槽のお手入れ、悪臭、スライム対策
就寝前など、ディスポーザー及び排水配管に水が流れない時間帯にBIOクリーナーを150ML程度の原液を5Lの水に薄めて排水してください。
*臭気が特に強い場合はあらかじめ清掃をして、毎日液剤を投与してください。
*メンテナンスや予防、維持に使用する場合は2~3週間に1回程度行ってください。

●悪臭対策には!
100MLの原液を5Lの水に希釈して夜等、水を流さない時間帯に効果が出るまで毎日投入、もしくは対象箇所に直接スプレーしてください。
だいたい2週間程度で悪臭が減少してきます。

●維持管理にも!
ディスポーザーBIOクリーナーは維持管理にも効果を発揮します。
使用は1週間に1回程度。配管のスライムの付着も防止します。
*気温の低い冬季は効果が出にくい場合があります。

■トイレにも使えます
トイレの場合はスプレーにしてから使用をしてください。
清掃後、BIOクリーナーを適量を水に薄めて、便器内や壁や床に散布またはスプレー。
トイレの消臭を考える時の基本は清掃で清潔に保つことです。
だいたい7~14日で悪臭が減少してきます。

■飲食店等のグリーストラップにもご利用いただけます
毎日の作業終了後、BIOクリーナーをシンクや床、また直接グリーストラップに散布または投入してください。
油脂やスカムの分解減少を目的とする場合はエアレーションの併用が効果的です。

●標準タイプのグリーストラップの場合(100~200L)
液剤:50~200mL

●中・大型タイプのグリーストラップの場合
100~400mL

実例

【用途1】配水管の場合



【用途2】浄化槽の場合


浄化槽やディスポーザー排水処理システムをご利用になっている家庭は、敷地から何となく臭気を感じるようなことはありませんか?
そんな時は浄化槽に汚泥がたまっていたり、運転が不安定の可能性があります。
ディスポーザーBIOクリーナーは特徴のひとつである乳化力により、浄化槽の排水管内や壁面に付着した汚れを乳化・剥離除去し、臭気発生の要因を取り除きます。
更に悪臭の原因である微生物を抑制するため、浄化槽の消臭化が図られます。

【用途3】グリーストラップの場合
グリーストラップは排水中の油脂を捕集するための設備ですが、スカム処理など維持管理が難しく、悪臭の発生や排水管の閉塞の原因にもなっています。
ディスポーザーBIOクリーナーはその特徴である乳化作用・油脂分解作用により、排水中の油脂分を減少させます。
エアレーションとBIOクリーナーの投入量・投入時間などの条件を整える事により消臭・清掃の容易化・排水管のつまり防止の効果が得られます。

取扱い注意事項

●本剤の効果は自然界の微生物の作用により得られますので、化学薬品等に比べて施設にダメージがありませんが、使用条件があわないとき、効果が得られないときがあります。
(PH5.5~8.5、温度25~45℃の範囲で最も効果を発揮します)
微生物の活動により効果が得られますので、化学薬品のような即効性は得られません。
●室温でも保管できますが冷暗所が最適です。
但し凍結庫には入れないでください。
●密閉保管し開封後は1ヶ月以内で使い切ってください。
●強酸、強アルカリ性やパイプ洗浄剤、殺菌剤、消毒剤など化学薬品との併用は避けてください。
●人畜無害ですが食品や調理器具に直接散布することは避けてください。
誤って目に入った場合は大量の水で洗浄し医師にご相談ください。