• お問い合わせ
  • ショッピングガイド
  • サイトマップ
ディスポーザー.COM
お支払い方法
銀行振り込み・大引き・工事時、代金回収・クレジット(分割払い・リボ払い可能) VISA・MasterCard・JCB・American Express
詳しくはこちら
初めての方へ
ディスポーザーとは
取りつけ事例
安心の理由
ディスポーザー比較
ご愛用者の声
ディスポーザー.COM座談会
現場作業員ワンウェイブログ ディスポーザー格闘日記・漠妄想 マクモウゾウ
私が店長です

店長:五十嵐 亮介
(イガラシ リョウスケ)

こんな便利なものはありませんよね!
是非みなさんのお家から生ゴミを撲滅させるお手伝いをさせてください。
生ゴミはこれからも毎日毎日でるものですから!続々と感謝の連絡がきています!!

モバイルサイト
モバイルサイトも運営中!

モバイルサイト

急ぎのメンテナンスもブックマークしておけば安心です♪

SSL グローバルサインのサイトシール
TOP > ディスポーザー比較表

各ディスポーザーの等価騒音テスト

等価騒音テスト
*ディスポーザーの騒音は生活環境や個人によりますので等価騒音テストは絶対的なものではありません。
*生活騒音は環境省資料より引用。

その他比較テスト

このテストは米国で販売されている115V,60Hzで同クラスモデルの性能テスト結果です。
テスト結果は環境や条件により変わりますのであくまでも参考資料として活用ください。


グレープフルーツの外皮粉砕テスト

調理済牛骨粉砕テスト

MTBFテスト

ディスポーザー比較表

この比較表は購入する際の参考としてください。
お客さまの使用される環境や、お好みもございますので、点数が高ければいいといわけでもありません。
あくまでも参考程度に活用してください。また、ディスポーザー.comでは扱ってない製品も記載しています。掲載されてない製品をご希望の場合はご相談ください。

*この比較は100V,50/60Hzフリー、日本国内仕様品での評価です。


連続投入方式機種で比較する

No.1
スキューズ・モデルF-06 エコノミーモデル  

スキューズ・モデルF-06 エコノミーモデル

人気度:★★★★☆

色使いなどの配慮がもっとほしいところ。
しかし安心の日本製でコストパフォーマンスが抜群。

商品ページへ

No.2
AMC-エコノミーモデル  

AMC-エコノミーモデル

・シンクマスター550
・ウエストキング1001
人気度:★★☆☆☆

工事代込みの価格がリーズナブルエコノミーモデル。
スリムボディでハイパワーが単身、小家族、初心者に人気。
*並行輸入品が多く出回っています。

商品ページへ

No.3
AMC-スタンダード  

AMC-スタンダード

・シンクマスター750
・ウエストキング2600
人気度:★★☆☆☆

中身はAMCエコノミーモデルと同一です。
*並行輸入品が多く出回っています。

商品ページへ

No.4
AMC-ヘビーユーザー  

AMC-ヘビーユーザー

・シンクマスター950
・ウエストキング3300
人気度:★☆☆☆☆

豪快なハイパワーハイトルク、そして類をみないタフなアメリカン・ディスポーザー。
米国家庭向けモデルを100Vに変更した豪快なアメリカンビックサイズとハイパワーでヘビーな生ゴミもガンガン処理します。
*並行輸入品が多く出回っています。

商品ページへ

No.5
ISE-AC105  

ISE-AC105

人気度:★★★★☆

日本を研究し尽くした最新テクノロジー搭載でスタイリッシュ。
高い品質ながら手頃な価格が一般家庭に人気。すでに不動の地位を確立。

もっと見る



バッチ方式機種で比較する

No.1
スキューズ・モデルF-13(バッチ式)  

スキューズ・モデルF-13(バッチ式)

人気度:★★★★☆

人工知能搭載で人的エラーを回避。コストパフォーマンスに優れている日本製。
デザインがもうひとがんばり。

商品ページへ

No.2
ISE-AC115MK2(B)(バッチ式)  

ISE-AC115MK2(B)(バッチ式)

人気度:★★★★☆

ISEのネームバリューで人気。日本独自のマイコン制御バッチ式で静音性もデザイン性もピカイチのモデルです。
自動反転機能がイマイチです。
Mk2からMK2(B)に微改良されています。

No.3
MAXディスポーザー(バッチ式)  

MAXディスポーザー(バッチ式)

人気度:★★★☆☆

処理室パーツを取り出して洗浄できるオリジナル・ディスポーザー。
少し古くなってきた感があり、内部構造の設計変更に期待したいところです。

No.4
安永YD130BW(バッチ式)  

安永YD130BW(バッチ式)

人気度:★☆☆☆☆

最新モデルですが昭和の設計、デザインをそのまま踏襲しています。
トルクの割に排水口系が広く噛込み懸念が有ります。

No.5
AMC-スタンダード・バッチ式  

AMC-スタンダード・バッチ式

・シンクマスターBF750
・ウエストキング2600 TC
人気度:★☆☆☆☆

旧式タイプのプル型バッチ式でスイッチが入れにくいのが難点。アメリカンディスポーザーらしいボディでキッチンスペースを奪うのも残念です。
ハイパワー直流モーター搭載で他のバッチ式に比べ抜群の粉砕能力を誇ります。

商品ページへ

もっと見る



ディスポーザー性能・価格評価表の見方

粉砕能力
 排水性能は処理室の構造、回転数とトルクで決まりディスポーザーの生命線です。
粉砕した生ゴミが細かいほど排水性能が良いというわけではありません。(水洗トイレはゴロゴロしたのが流れていきますよね。。)
処理室の構造は各社それぞれの特徴があり、回転数やトルクはモーターのスペックにより決まります。
従って馬力が高い製品がいいかといえばそのように単純な問題ではなくバランスが大事でここが各社のノウハウになっています。
まずは第一に排水性能がどれだけあるかによりディスポーザーの善し悪しが決まります。
その他の性能は付加的な「条件」です。排水能力が悪いとどうなるか。。?
ずばりメンテナンスの発生率は排水能力の高さに反比例して低くなっていきます。
また三角コーナー満杯程度の処理時間が60秒を越えるモデルや処理対象厨芥物が限定される場合は排水性能が良くても評価を落としています。
排水能力は私どもが最重要視しているポイントですが「3.0」以上あれば十分です。
*排水性能がいいディスポーザーでも一般排水部材を使用すると排水不良発生の確率が高くなります。
ディスポーザー.comでは全てのディスポーザーに専用の標準部材セットが付属されています。
粉砕能力が高い製品でも一般排水部材の使用や適正な施工をしない場合はトラブルの要因になります。
静音性
 日本の狭い住宅事情を考慮すると限度を超えた粉砕音や振動はストレスに直結します。
かといって静かにすればいいかと言う事ではなく運転音を重視するあまりに排水能力を犠牲にしているディスポーザーも多く見受けられます。
これは本末転倒で土台である排水能力を犠牲にしている製品はディスポーザー.COMでは取扱い品目から排除しています。
また振動は無いほど好ましいですが運転音に関してはある一定レベルは必要で度を越えた静音性は動作しているかどうかわからず危険、または粉砕終了の判断に困り不便になってしまいマイナス評価の対象になります。
ディスポーザーを選ぶ際の基準は等価騒音テストでは60~75dBAがストレスもなく無難です。
国産メーカーはどこも最新の高性能モーターを搭載して「4」以上の高い評価を得ています。
耐久性
 基本的に価格が安い製品は耐久性が低く、高い製品は耐久性も高い傾向にあります
ただし、耐久性は処理室内部の防腐加工処理、成型方法や組立工程、またお客様の使用方法や使用環境により大きく差が出ますので一概には言えません。
実際の耐用年数は3年~10年以上まで幅広くありますがメーカーが公表するテスト上の耐用年数と実態としての耐用年数は大きく差があります。(車の燃費テストのようなものです。)
米国で一番多く流通しているディスポーザーは住宅建築時の検査をパスする目的が多分にある為に日本で使用すれば3年程度の耐久性のものです。
特に注意しなければならないのは漂白剤などを流したままにするとディスポーザーとキッチンの耐久性に影響が出てくる点です。
ディスポーザー.COMでは日本の家電品の標準である7年以下の製品は取り扱っておりませんのでご安心ください。
コストパフォーマンス
安い製品はそれなりですし、価格が高くこだわった製品はいい製品なのは当たり前です。(もちろん価格に見合わない製品も多くあります)
コストパフォーマンスの高い製品は「この金額でそれ以上の価値が得られる!」というものです。けれども、粉砕能力が高い製品は粉砕音や耐久性を支える技術が必要になるためにコストがかかり、粉砕能力が低い製品は粉砕音が比較的静かになりますがメンテナンスの発生率が増え粉砕時間も長くなってしまいます。
 ディスポーザーのバランスを見ながら家族の人数や使用環境等から総合的に判断してください。
また特許所得で他製品と差別化したり、ブランドのトータル価値で特定のメーカーや販売会社から購入する事は「安心」も一緒に購入することになります。
価値や競争力を提示できない製品やサービス、販売店は価格を引き下げる事によって競争力を補い、大手は何かあった時のサービス網とネームバリューで安心感を武器にしていきます。
しかしこのコンテンツでの評価ではそのような付加価値は無視しています。
また価格をダンピングする為に平行輸入品も多く流通していますが本来のスペックが電圧差によりでてませんので対象外になります。
人気度
実際に長年使用してみると細かな点で使いやすい、使いにくい点がでてきます。
たとえばスプラッシュガードが劣化、脱落しやすい、デザイン性が許せない、パーツに錆が発生しやすいなどはマイナス評価になります。
またメーカーのアフター対応やブランド力、対応でも差が出てきます。
店舗の製品棚に陳列され自由競争で販売されている製品はある程度、人気の高さを比例しますが設備品として特定のディスポーザーをビルダーより指定されて設置されるケースも多くありこれは出荷台数が多くても人気が高いとは言えず考慮されていません。
良い製品=人気が高いということにはつながりません。
また往年の名機・アナハイム・マニュファクチャリング社製品は30年以上前の設計とさすがに古さを隠せない旧式仕様です。
このアメリカンサイズとビックノイズは日本のディスポーザーが出てきた現代では人気がさっぱり無くなりました。
昔のアメリカの車が大きく、燃費が悪く日本の市場に合わなくなった歴史を繰り返すかのようです。
この細かな「満足」「不満」の連続が使用者や業者の人気にかわりリピート率の高い製品が継続的な売上シェアを占めていきます。
その反面、ネームバリューで人気はありますが製品テストでは基本性能のあまり良い結果がでない製品もあります。
これは人気度以前に当サイトでは全国を対象としている以上、お取扱いは難しくなります。

アナハイムディスポーザーとは?

アナハイムディスポーザー
米国カリフォルニア州に本社を置くアナハイム・マニュファクチャリング社製造ディスポーザーで現在は中国で製造しています。
1980年代には毎年2万~3万台が輸入販売され日本では大きなシェアをとった過去の実績があります。
しかし30年間も設計が変わらないアメリカン・ディスポーザーは日本メーカーが参入した現在ではアメリカンタイプの大きな音とサイズは旧式モデルになりました。
現在の日本では静音性に優れ、日本式サイズの日本メーカーに押され5%のシェアもありません。
しかし旧型米国式の特徴である大きなサイズはその分、大きなパワーで生ゴミを処理し価格が安い為にお買い得な製品と言えるでしょう。
日本法人が無いために市場統制がとれずインターネット業者による並行品や中古の副業的な物販取扱による値崩れから設備業者は取扱わず、売りっぱなしになるトラブルが多く報告されています。


適合評価不所得

*お問い合わせはこちら(0120-938753)から。


インシンクイレーターとは?

インシンクイレーターディスポーザー
米国籍メーカーのエマソンエレクトリック社製造ブランドです。
世界80ヶ国に販売されておりエマソン社製造ディスポーザーは米国市場占有率86%、世界市場占有率75%以上と圧倒的なシェアと製品力を誇ります。
日本エマソンとして日本法人も活動しています。
日本向け製品も日本の住環境をリサーチし最新テクノロジーを導入、年間600万台製造という大量生産の恩恵で他メーカーに比べて製品クオリティが高い割に価格が手頃なのも人気になっています。
コンパクトで静音静に優れたディスポーザーは主にディスポーザー付きマンションや設備店ルートなどのシステム製品として扱われており、日本のディスポーザーメーカーの研究対象になっているトップメーカーです。
日本の社会実験ではその安全性と実績からISE製品が多く採用されています。


一覧へもどる

ページの先頭へ

企画・運営/エレクス株式会社